淘宝(タオバオ)出品代行で中国のビッグマーケットに挑戦

中国のインターネットユーザー数は5億人超、それに伴いEC市場も急速なスピードで 拡大し、消費者向けEC市場は10兆円規模に成長しつつあり、市場の大きさ、伸びの 両面からみて、中国EC市場は魅力的です。日本と中国のネット販売における市場規模は以下の図を見れわかる通り、実は対アメリカよりも市場規模が大きい!

わずか2分で、売上10億元(約185億円)突破!

 

楽天の規模の7倍!

 

日本のあのユニクロもたっだ1日で、19億6千万円の売上!

 

さらに、中国ではECのヘビーユーザーの割合が高く、1人あたりの年間EC利用額は

3000人民元~5000人民元未満が15.5%、

また5000人民元~1万人民元未満 と回答したユーザーが14.8%にのぼる。

また中国では近年、商品に対して「安全性」や「信頼性」を、

重視する傾向にあり 特に富裕層の間では、日本製品の人気が根強い

さらにこれだけ巨大な市場の中で淘宝(タオバオ)のシェアはなんと9割以上!!

だからこそ淘宝(タオバオ)に出品できれば、簡単に中国マーケットに挑戦することができます!

自社で出品することのリスク

しかし自社で淘宝(タオバオ)に出品するには、言葉の壁などの困難があり、
また商品の発送も常に海外発送となるため、コストが非常に高くリスクが大きい。

また中国ECサイトを運営するにあたって避けては通れないのは”問い合わせが多い”ということだ。

中国EC利用者においてはEC利用時に価格交渉や、その商品の機能や品質、アフターサービスなどについて

多く質問をする傾向にあり、 その問い合わせ手段としてはチャットがダントツである。

■中国語

■現地からの問い合わせ

■発送コストが高い

SWLモデルなら必ず成功できる!

弊社の出店、出品代行サービスでは、商品情報の翻訳はもちろん、

大きなリスクであった”お問い合わせ”(カスタマーサポート)

に対しても全て、弊社が対応いたします!

お客様が行うステップは2つだけ!

■楽天の商品データを弊社に送って頂く!

■商品の発送!

たったこれだけで中国の巨大マーケットに参入が可能。

さあ、今すぐ淘宝に参入してあなたのビジネスを飛躍的に成長させてみませんか?