韓国滞在レポ★明洞放浪記弟8回をお送りします★今回はちょっと爆弾裏事情爆弾暴いてやりました・・爆弾

前回:カジノ★ソウル明洞の遊び観光案内

今回はその日の出来事でもっとコアな話し・・・あるのです・・。

日本人が最初声かけてきたのかと思った・・・

すみません~ちょっと待って下さい~

立ち止まって、声のする方へ目をやると・・・

そこは、一本続く道の真ん中をずーっとワゴンセールみたいなカゴストリートに並んでいる!!


相当長いですよ!こんな売り方がまず日本にない(笑)で奥に店がある・・

韓国人の30代くらいのどっっからどうみても、露店で引っかけて客捕まえるふうなおっさんだ・・。


ふっと・・その長蛇のカゴ敷き詰められた売り物の見ると・・ヴィトングッチエルメス、シャネル、コーチ・・・


その間5秒くらい。一瞬で分かりましたね・・・


これが韓国中国、東南アジアとかの偽物ブランド品市場か・・・。


韓国ではごく普通に売られてるブランドのコピー品しかも、むっちゃ精巧パッとみてもよく見ても素人の僕には全然分からないくらい。


でも、そんなブランドもののしかもワゴンセールのカゴ・・・・


例えば財布でもカゴにちゃっちいハコに入って敷き詰められてるんですよ(笑)汗


(おまえ汗、せっかくモノが精巧でも、置き方で既にバレバレとるやんけ(=◇=;)

なんか凄いのか下手なのかマヌケなのか分からない汗


そしたら・・


オッサン:「ニセモノとぉーわかーっていてー皆買っていくよー安いです!」


み・・・自ら公開してるΣ(゚д゚;)


アホか・・このおっさんは・・・。少しは騙そうとしろよ(苦笑)



そうなんです

今や変に騙すために、うまくうまく口調にするより日本人欧米の海外からきた人には始めっから堂々と言う方が買われるんです。(あまりにも、堂々と明るく言うので、偽物のおっさんとテンションあわせていろんなこと聞きました^^;)

Sonic:「oh~!イゴ(これ)オールコピーね!!」(むちゃ笑顔でのっていく


なのでオッサンも、この日本人日本では高くて買えないからニセ目当てで来てると思ったのか上機嫌だ。。(実際かなり日本人は多いらしいです)


オッサン:「はいそうですー!、安いでーす」


Sonic:「へ~、で、これどのくらいすんの?例えばこれ!」(適当にヴィトンの財布をとる)


Sonic:「すごいねーほんまよくできてるワ・・絶対分からんな。。」

オッサン:「それはー4000円です」


Sonic:「ふーん、日本語うまいね~ほんと、日本人みたいに話すね!日本人ばっかりそうやって声かけるんでしょ?


オッサン:「ガァハッハアハハ」(大笑)


オッサン:「そうですー、日本人お金持ちです!」


Sonic:「だろ?韓国人じゃなくて、日本人だけに声かけるんでしょー(笑)」(そうやって事情をどんどんさりげなく聞き出す


オッサン:「そうですー日本の人の方がよく買っていきますー偽物はー、皆分かってます。偽物ということがお土産になります

Sonic:「よう喋るなぁ~」(狙いどおり


Sonic:「どれが日本人に人気あるの?、グッチ?」

向こうはもう完璧に偽を買って帰るヤツと思ってる。


オッサン:「これとか、これとかー、コーチ、ヴィトンが多いです」


Sonic:「へ~、じゃぁコレ買って帰ろっかなぁ」(そぶりを見せて


Sonic:「で、こういうのどこで作るのー?、すごいホンモノそっくりですごいねー」(さりげなく聞く)


オッサン:「ガァハハァハ、これは、あっちの店の奥でやってます、それは秘密です

(秘密ですってもう言ってるやんけ・・)

(どうやら、バッグ屋があるんだけど、その奥で作るとこがあるらしいですね)

こんなペースで話して、いろんなこと聞き出した内容!!


まず、韓国偽物ブランド市場は、摘発、取り締まりがもともと無いらしい!!!これには驚いた・・。

まさにコピー品の天国。。


偽物ブランドがこんなに堂々と売られてること不思議に思ってたけど。そういうことみたいです。


露店どころか、ちゃんとした店までありますからね・・。


この明洞ソウルの中心若者とかそれはそれは、東京の流行発信地同じような場所ですよ。

そんな人気の多いとこに、看板とかで「これがホンモノ!!100%」とかデカデカとある店とか(笑)


日本人が見たら、もうちょっと日本語の使い方勉強しとけよ(苦笑)って誰もが思うくらいオモシロイです。

もはやオモシロイです(笑)ニセモノあります!!って書いてるようなもん

店だけじゃないです、普通の109みたいなファッションビルの中にまで偽物屋が入ってます。


オッサン:「それはランクAだから凄いです。いつもは店の奥に隠してあります

Sonic:「ランクAランクってなんなの?とかもあるワケ?」


オッサン:「あります、材料作る手法まで同じものはランクがA~以上です」


何やら、偽物ブランド品でもランクがA以上のものはマジですごいらしいですね。


韓国の違法基準はこの超精巧な偽物違法基準になるようだ。
パッとみが分からない程度のコピー品は違法にはならないらしい。


Sonic:「どこ行っても偽物の店いっぱいあるね~、中国とどっちが凄いの?」

オッサン:「中国と、韓国偽物の数はほぼ変わらないです、日本に輸出は韓国が多いです。」


しかしよくもまぁ、ペラペラ平気で一般人に喋るなぁ。。ほんとに摘発ないんだな・・。恐れてたら普通話さないですもんね。


日本人ホンモノを持つことを誇りにしてる人が多いから、最初から露店とかにならんでるとこには来ない


逆に韓国偽ブランドの店に来る人は「確実に買う人」って認識をされてるみたいです。


しかも日本人金を持ってるっていうイメージ韓国中国台湾などでは染みついてるので、余計に日本人をよく見てます


僕は中国のほうが桁違いってイメージだったんですけど、調べたら、輸出税関摘発数中国とほぼ変わらない割合ってことが分かった。


Sonic:「じゃあ全部、あれ、持ってるの偽物?」(韓国人のブランド品持ってる人を見て)

オッサン:「韓国はホンモノを買う人はいないです・・」

そんな国なのね・・。

全くいないってことは無いんだろうけど、韓国の人はそれが偽物と思って持っていないような感じなのだ。

かといってホンモノとも思っていない

なんというかブランドそのもの意識関心非常に低いのだ


ブランドもなにもバッグのうちの一つ財布のひとつ利便性や、デザインで選んでいるだけっていう感覚らしい。


そういう認識がそもそもない。


Sonic:「ふ~ん、いろいろとあるんだね~、じゃぁまた見て回ってくるよ


あれだけ話しといて買わないという^^;基本的に僕はホンモノ思考なんで・・てか日本に持って帰ったら税関で捕まるし(笑))

と言ったら、買わないのが分かったのか、「待ってるよ~」とかじゃなくて、

オッサン:「もうこなくていいよ~~~


でした(笑)しかもかなり明るい口調で(笑)


2000年代前半はそうでもなかったが、最近はようやく取り締まりの制度?詳しくはわからないけど、昔ほどはコピーも店を堂々と構えて売れなくなっているらしい


それでも、全然多いと僕は思うんですけど(笑)






ランキング登録しました。支えてくれている読者の皆様、応援ポチお願いします★


人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ ランクへも参加しました!Sonic Visionを応援頂ける皆さま。どうか一日ポチお願いします!


僕の参加カテゴリですこれ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ



AD

コメント(26)